4日午後1時半ごろ、関西を中心に珍しい気象現象「水平環」が見られ、話題となっています。

「水平環」とは、大気中の氷粒に太陽光が屈折し「ほぼ水平な虹が見える」という現象です。

 


 




この記事に関するまとめ