2020年の東京オリンピック開催まであと1年となります。2019年7月3日、新国立競技場の建設現場が公開されました。

工事は約2,000人の作業員によって進められており9割完成しています。

木材が多く使われている屋根の外装工事はほぼ完成し、観客席4万5000席の取り付けを終えました。

今月中旬には芝を張り11月中の完成を目指すとのことです。

12月には完成公開イベントが行われます。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ