うその119番通報をした疑いで札幌の無職の男が逮捕されたことがわかった。

さらに男が動画配信による収入で、生計を立てていた可能性があることも発覚した。

偽計業務妨害の疑いで17日に送検されたのは、札幌市東区の無職・工藤健太郎容疑者。

工藤容疑者は16日、「お腹が痛い」などとうその119番通報をかけ、救急隊や警察を呼び出し業務を妨害したとして現行犯逮捕されました。

工藤容疑者は救急隊員にスマートフォンを向けていて、当初は「動画を配信するために呼び出して撮影した」などと話していましたが、その後「本当におなかが痛かった」と容疑を否認しているということです。

警察は工藤容疑者が動画配信による収入で生計を立てていた可能性があるとみて調べています。

 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:北海道ニュース UHB | UHB:北海道文化放送
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 




この記事に関するまとめ