お盆の帰省で新幹線を利用した人の中には、大きなスーツケースなどを持ち込んだという人もいることでしょう。

2020年5月からは、東海道・山陽新幹線と九州新幹線で大型荷物を持ち込む際は事前の予約が必要になるとのこと。

3辺の合計が160センチを超えて250センチまでの荷物が対象となります。

これは東京オリンピック・パラリンピックの開催を前にしてセキュリティー対策を強化するためだそうです。

もし予約をしないで大型荷物を持ち込んだ場合は、1000円を支払うことになるそう。
 


ネットの反応


・これはトラブルになって、現場が大混乱するとしか思えない
・まじでオリンピック大迷惑だな
・セキュリティ云々言ってるけどそれはメインの理由じゃないと思うなー。
・荷物車復活させよう
・ギター(ケース)とか微妙?
 

ViRATES編集人
うまくいくような気もするし、逆に現場が混乱するような気も。
ViRATES編集人

 
画像出典:ぱくたそ




この記事に関するまとめ