アマゾンの創業者『ジョセフ・ベゾフ氏』が2019年5月9日、月面着陸船『ブルームーン』の模型を公開した。

ベゾフ氏は3年前からブルームーンの開発に取り組んできた。

『ブルームーン』は自動運転の探索機4台を搭載できる。

ワシントンで行われたイベントで「月に戻る時がきた。今回は滞在するためだ」と述べた。

打ち上げの具体的な日程についての言及はなかったが、2024年までの実現を目指す有人月面着陸計画には間に合うとの見解だ。

人類が月に行き来できる日はそんなに遠くないのだろうか。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:YouTube(動画:アマゾン創業者ベゾス氏、月面着陸船「ブルームーン」を公開 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ