飛行機に飛んでいる鳥が衝突してしまうバードストライク自体はそれほど珍しくない。

しかし今回のバードストライクは当たりどころが悪かったようで・・・
 

 
ロシアの旅客機が離陸直後にバードストライクを受けてしまう。

しかも鳥はエンジンに衝突。その影響でエンジンが故障してしまい飛行継続が困難に。

とっさに機長は畑への胴体着陸を決断。畑の草がクッションとなり乗客や乗組員は無事だったという。

離陸直後だったという点と近くに畑があったという幸運が重なり、そして何より機長の迅速な判断が乗客の命を救った。大事に至らず良かった・・・!

 

本当に無事でよかった。
ViRATES編集人
ViRATES編集人

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(TBS NEWS)
画像出典:ぱくたそ
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ