報道各社によると8月26日午前7時ごろ(日本時間26日午後8時ごろ)、アメリカ南部のバージニア州モネータで、地元テレビ局「WDBJ」のリポーターとスタッフが、屋外での生中継の最中に、銃撃を受けるという恐ろしい事件が発生した。

この事件で、WDBJの女性記者(24)と男性カメラマン(27)が死亡。取材を受けていた女性も怪我を負った模様だ。

生放送の映像では、女性の叫び声や銃声を確認できる。スタジオに切り替わった後のアナウンサーの表情も、事件の恐ろしさを物語っている。

 

【閲覧注意】

※たいへんショッキングな映像になりますので、閲覧にはご注意ください。
※動画は削除される可能性があります。

 

【閲覧注意】

※犯人が撮影したと思われる映像。発砲する瞬間が映っているため、閲覧については充分にご検討の上でご判断ください。
※動画は削除される可能性があります。

 

警察によると、容疑者の男は犯行後に現場から車で逃走。約300kmほど離れた場所で警察に発見されたが、社内で自殺を図り死亡した。

死亡した容疑者と見られる男性は、同テレビ局の元記者のベスター・フラナガン容疑者(41)。

フラナガン容疑者は、自ら撮影した犯行映像をFacebookやTwitterに投稿(現在はアカウント凍結済み)している。

画像出典:Mail Online

 

画像出典:Mail Online

犯人のTwitterにアップロードされた映像から。

 

画像出典:Mail Online

生中継の映像には、投げ出されたあとカメラに、銃口を向ける犯人の姿が映り込んでいる。

 

犯行の動機はまだはっきりとしていないが、フラナガン容疑者は、「勤務態度中の言動に問題がある」という声が同僚たちから多く上がったため、同TV局を3年前に解雇さているようだ。このことが少なからず影響しているのはないか? という見方が強い。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:NHK NEWS WEB/米 生中継銃撃事件 解雇が動機か捜査
参照・画像出典:Mail Online/Revenge race murder: Bitter black reporter who gunned down white ex-colleagues live on air and posted the video online blames Charleston shootings and anti-gay harassment in manifesto
参照:YouTube(Anthony Antonello)
参照:YouTube(La Caja De Arena)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ