北朝鮮は2019年7月25日(木)午前5時34分と同57分ごろ、東部の元山付近から日本海に向け飛翔体2発を発射しました。

飛翔体は430キロ飛行し海に落下したと見られています。

韓国軍は、今回北朝鮮が発射した飛翔体が弾道ミサイルに当たるのかどうか分析するとのこと。

北朝鮮は2019年5月9日にも飛翔体を発射しており、78日ぶりの発射となりました。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ