沖縄県名護市辺野古のアメリカ軍キャンプ・シュワブ前で、
 
14日夜から15日未明­、基地建設に反対する住民らと機動隊がもみ合いになった。
 
 

沖縄タイムスの報道によると、基地建設反対の抗議に訪れたのは市民およそ100人、それに対して機動隊など県警120人以上が激しく衝突。
 
午前8時すぎには、もみ合いの中で頭を打った84歳の女性が救急車で搬送されたという。

 
 

沖縄防衛局は15日正午ごろには、辺野古沿岸に仮設桟橋を設置する作業を始めた。

 
 

【ANNnewsCH】辺野古新基地「反対」で機動隊と住民ら深夜に衝突(15/01/15)

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:沖縄タイムス/未明の重機搬入、抗議の市民排除 きょう辺野古再開
参照:沖縄タイムス/抗議市民と警察衝突 未明のゲート前 辺野古
参照:沖縄タイムス/辺野古新基地建設 海上作業を再開
参照:テレ朝News/辺野古新基地「反対」で機動隊と住民ら深夜に衝突(01/15 05:53)
参照:朝日新聞/辺野古ボーリング調査再開へ 反対派と機動隊もみ合い
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 
 


この記事に関するまとめ