スポーツメーカー「ナイキ」が創業当初の1972年に生産したシューズがニューヨークのオークションハウス「サザビーズ」に出品されました。

出品されたのはナイキの「ムーン・シューズ」で1972年のミュンヘンオリンピックの陸上予選に出場する選手用にデザインされたランニングシューズです。

オークションの結果、カナダ人の実業家が43万7500ドル(約4700万円)で落札しました。

この金額はオークションにおけるスニーカー落札価格として、史上最高額となりました。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ