2019年4月8日ソフトバンクは、柳田悠岐外野手が左半膜様筋腱損傷(肉離れ)と診断されたことを発表。

柳田選手は、前日7日のヤフオクドームで行われたロッテ戦で左膝の違和感を訴え途中交代をしており、その後、福岡市内の病院でMRIなどの検査を受け、発覚したそうだ。

工藤監督は

「痛いですよ。痛いなんてものじゃないですけど、一生懸命やった中でのけがなので。まずは治すようにと伝えました」

引用:ソフトバンク柳田抹消へ 左膝裏肉離れ…工藤監督「痛いなんてものじゃない」|【西日本新聞】

と語った。

開幕から全9試合に3番で出場していた柳田選手だが、打率3割5分5厘、4本塁打、14打点と大きく貢献していたため、チームとしても大きなダメージとなりそうだ。

今後は代わりに真砂勇介外野手が昇格する!

 
画像出典:Amazon/柳田悠岐フォトブック byギータ女子マネ部

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:ソフトバンク柳田抹消へ 左膝裏肉離れ…工藤監督「痛いなんてものじゃない」
画像出典:柳田悠岐フォトブック byギータ女子マネ部
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ