ZOZO創業者である前澤友作が2019年1月5日、ツイッターで総額1億円の『お年玉キャンペーン』をして話題になった。

この企画が話題を呼び、フォロワーが610万に増え、この時のツイートは480万回リツイートされた。

しかし、フォーブスが4月11日に発表した『日本長者番付(Japan’s 50 Richest List)』で彼は、昨年の18位から22位に順位を下げ、現在の資産額は19億ドル(約2100億円)と推定されている。

昨年9月、2023年に月に向かう宇宙ロケット『スペースX』の全座席を購入したり、アートの収集家としても知られ、2017年にはジャン=ミシェル・バスキアの絵画『Untitled』を123億円で購入したリと好調な様子をみせていた。

しかし、2019年4月に、収集した美術品が競売にかけられるなど金欠疑惑が浮上していた。

また、新たに導入した値引きサービスもアパレルメーカーの反感を書い、一部のメーカーがZOZOTOWNから離脱した。

しかしJPMorganによるとZOZOTOWNは現在もなお、日本のファッションEコマース市場の売上シェアで、22%近くを維持している。

困難な状況にあるが、前澤社長の今後の経営方針が気になるところだ。

 


 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ