ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズがメジャー初戦のマスターズで14年ぶりに優勝を勝ち取った。

ウッズは11年前の全米オープン優勝を最後に2014年には背中、2015年には腰の痛みを訴え、思う様にプレーができない日々が続いた。

そんな中、昨年ツアー選手権で優勝、さらに今回マスターズで逆転優勝を果たした。

最終日は10人以上が2打差に並ぶという混戦状態を制し、見事に6バーディー・4ボギーの通算13アンダーで勝ち星を輝かせた。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:タイガー・ウッズ完全復活 11年ぶりのメジャー制覇
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ