アイスクリームチェーン「サーティワン」は2019年7月26日、19年12月期上半期(1~6月)決算(単体)を発表。

売上高は前年同期比7.5%減の86億円、営業損益は1億7300万円の赤字(前年同期は7100万円の赤字)となり最終損益は6900万円の赤字(同2000万円の赤字)でした。

赤字になった要因は昨年3月と4月に実施したソフトバンクのキャンペーン「スーパーフライデー」が2019年は実施されなかったため、その影響があったようです。

またコンビニエンスストアがアイス販売に力を入れており売上げを伸ばしているあおりを受けたと見られます。
 


ネットの反応


・高いよ、しかも並んでまで買いたくない
・31日にしか行かないおじさん達は悪
・並んでまでアイス買って、立ったまま食べたいと思わない
・31のアイス好きだから無くならないように頑張ってほしい
・コンビニアイスの方が安い
 

ViRATES編集人
確かにアイスといえばコンビニで買うものになったかも。
ViRATES編集人

 

 
画像出典:ぱくたそ




この記事に関するまとめ