落語家・桂文枝さんとの愛人関係を2016年に告白し、世間を賑わせた演歌歌手の紫艶さんが3月上旬に死去していたことが今月2日にわかった。享年41歳という若さであった。

関係者によると、紫艶さんは都内で暮らしていたそう。

連絡が取れなくなった母親が心配し自宅を訪ねたところ、亡くなっていたという。司法解剖の結果、病死とみられている。

文枝さんはこの日、なんばグランド花月で行われた公演に3回出演していた。

最後の出演を終えた午後5時ごろ、迎えの黒のワンボックスカーが到着すると、多くの報道陣や100人近いやじ馬が押し寄せる中、車は関係者出入り口付近に横付けした。

文枝さんは、関係者に厳重ガードされながら足早に車に乗り込み、「師匠、紫艶さんが亡くなられたことに、ひと言お願いします」という報道陣の呼びかけに驚きを見せつつ、応じることなくその場を後にした。

参照・画像出典:Amazon/桂三枝大全集~創作落語125撰~第1集「ゴルフ夜明け前」「ロボ・G」

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:桂文枝 元愛人・紫艶さん死去にだんまり | 東スポのニュースに関するニュースを掲載
参照・画像出典:Amazon/桂三枝大全集~創作落語125撰~第1集「ゴルフ夜明け前」「ロボ・G」
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ