5月20日に西日本に大雨を降らせた活発な雨雲が、昨夜から東日本へ進んできており、東京都心ではすでに今年一番の大雨になっている。

朝から大雨や強風が通勤通学の時間帯を直撃し、注意報などもでていた。

 


 

今後の雨雲の進路としては、夕方にかけて、活発な雨雲が関東を通り過ぎていくことが予想される。

しかし都心はお昼過ぎにかけて雨と風が強まる予想だ。

場所によっては1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所があり、発達したカミナリ雲によって突風が吹くおそれも。

今後、予想される雨の量は、関東甲信や東海などで180ミリとなっている。

 


 

帰宅時間帯には大雨も強風もおさまる予報だが、引き続き注意していきたい。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ