パイロットによる乗務前のアルコール検出が度々問題になっています。

日本航空は、2019年8月10日の鹿児島発羽田行きの航空機に乗務予定の副操縦士(54)から乗務前にアルコールが検出され、乗務を外したことを発表しました。

この副操縦士は「前日に注いだ日本酒を当日の昼食時に水と間違えて一口飲んだ」と話しています。

この航空機には代わりのパイロットが乗務し定刻に出発しました。

 


ネットの反応


・JAL飲酒多くない?
・JALパイロットの飲酒は治らないな
・恥を知れ!
・プロ意識は無いのか
 

ViRATES編集人
日本酒を当日の昼食時に水と間違えて一口飲んだ。

 

画像出典:ぱくたそ




この記事に関するまとめ