岡山警察学校で2018年12月、教官の男性警部補が訓練中に巡査をサバイバルナイフで刺して業務上過失傷害罪で略式起訴されていたことが分かりました。

犯人確保の訓練中に警部補は隠し持っていたサバイバルナイフで巡査の胸を刺したということです。

警部補は罰金50万円の略式命令を受け怪我をした巡査は4日間入院しました。

巡査はその後依願退職し慰謝料などを求めて岡山地裁に提訴したとのことです。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ