反社会的勢力との関係をめぐって、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)さんが20日、都内で記者会見を開きました。冒頭、二人は深々と頭を下げました。

宮迫さんは、
「詐欺の被害にあわれた被害者の方々、そのご家族、親族の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。「保身から来る軽率な嘘」からここまでの騒動になってしまったと説明しました。

田村さんも、
「詐欺被害にあわれた方々、その親族の方々、友人の方々、本当に不快な気持ちにさせてしまい、嫌な気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し頭を下げました。

会見中二人は、吉本興業・岡本社長から「(話し合いの場で)おまえらテープまわしてないやろな」「(会見を)やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」「おまえら全員クビにする力がある」などと言われていたと明かし、事態を「静観」したいとする吉本興業側から会見を止められていたことを明らかにしました。

また二人は芸能活動からの引退については否定しました。
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnews)
参照・画像出典:吉本興業
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)