女優の天海祐希さんが主演するドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日木曜後9:00)の新シリーズが11日にスタートした。

人気シリーズの第3弾となるが、番組の終わりにテロップで、第2シーズンまで出演していた俳優の大杉漣さんへメッセージを送った。

2018年2月に急性心不全で亡くなった大杉さんは、同シリーズで天海さんが演じる取調官・真壁有希子の同僚・中田善次郎役で出演していた。

11日の第1話では、退職したという設定の大杉さんの過去の出演場面が流れた。

また、番組の終わりに『中田善次郎役を演じて下さった大杉漣さんは これからもずっとキントリの一員です ありがとう善さん』とテロップで追悼した。

ファンからも「最後の大杉漣さんへのメッセージに感動」「追悼テロップに泣いた」などのコメントが寄せられている。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:「緊急取調室」で大杉漣さん追悼テロップ「ずっとキントリの一員です」 ファン「涙腺崩壊」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ