NTTドコモが4月15日に、LTE/3G携帯電話サービスの新料金プラン『ギガホ』と『ギガライト』を発表した。

新プランは5月22日に受付を開始し、6月1日から提供を始める。

ドコモでは2018年末に「現在のプランよりも2〜4割値下げとなる分離プランに移行する」と発表しており、今回具体的な内容が明らかになった。

今回、発表された2つのプランはいわゆる『分離プラン』で、端末代金と通信料を切り離しているところに特徴がある。

通信料が割安になるかわりに、契約を条件にした端末代金の割引が縮小されるということだ。

他にも家族全員がドコモユーザーだと得になるものや、カケホーダイなどのオプションもつけられるそうだ。

今まで料金が高いと言われていた携帯電話業界がどう変わっていくか気になるところだ。

 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:速報:ドコモ『最大4割値下げ』新プランを正式発表。6980円で30GBフラット「ギガホ」と2980円〜の段階制「ギガライト」 – Engadget 日本版
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ