関東地方は2019年7月16日(火)も断続的に雨が降る状態となっています。

これで東京の日照時間が19日連続で3時間未満となりました。この日照時間の少なさは1961年の統計開始以来史上初とのこと。

日差しの少ない状態は少なくとも今週末まで続く見込みで野菜などへの影響が懸念されています。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ