大手フリマアプリのメルカリがJ1クラブ・鹿島アントラーズの経営権を取得しました。

メルカリは株式の61・6%(約16億円)を取得しJリーグの理事会で承認されました。

日本製鉄は前身の住友金属工業時代から筆頭株主を務めてきましたがその幕を閉じます。

本業との相乗効果を見込み運営に参入していくとのこと。
 


ネットの反応


・お、こういうことをしてくるか!
・鹿島スタジアムはメリペイになるな
・面白いことになったな
・おお!これは驚いた
・Jリーグ盛り上がるのは嬉しいな

 

安すぎだろw それにしてもいいこと。サッカーチームは大企業傘下でお役所的な組織になりがち。新興企業がDeNAや楽天的な経営をしていくのが吉。
ViRATES編集人

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Yutarochan)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ