10月23日、JR宇都宮線で架線が切断し停電が起き、立ち往生するトラブルがあった。

乗客が2時間余りにわたって電車内に閉じ込められる中、「お客様の中でJRの運転士がいたらお申し出て下さい」と車掌からアナウンスが流れた。

名乗り出たJRの社員たちの数は意外にも多く、その連携プレーが素晴らしいと話題になっている。

 

 

画像出典:YouTube(朝日新聞社)

画像出典:YouTube(朝日新聞社)

画像出典:YouTube(朝日新聞社)

画像出典:YouTube(朝日新聞社)

 

私服のまま別の車両へ誘導したりアナウンスをするなど、混乱することなくスムーズに事態を収めた。

そしてこの動画を撮影したのは、偶然乗り合わせた朝日新聞の記者だった。

偶然に偶然を重ねた、奇跡とも言える素晴らしい連携プレーである。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(朝日新聞社)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ