先月3月12日にミュージシャンで俳優のビエール瀧被告が、コカインを使用したとして麻薬取締法違反で逮捕されたのは記憶に新しい。

その瀧被告が、2日に起訴されたことを受け所属事務所である『ソニー・ミュージックアーティスツ』は契約解除を発表した。

早ければ本日3日にも保釈される可能性がある。

元の所属事務所は

「関係各所の皆様、ファンの皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、改めてお詫び申し上げます」
引用:ピエール瀧解雇 起訴、3日にも保釈の可能性 – 事件・事故 : 日刊スポーツ

と謝罪した。一方で、

「本件に関しましては、引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」
引用:ピエール瀧解雇 起訴、3日にも保釈の可能性 – 事件・事故 : 日刊スポーツ

とコメントしている。

さらに瀧被告の賠償金は芸能界史上最高の可能性も浮上している。

今回の瀧被告による騒動はまだまだ収まりそうもない。

 
画像出典:Amazon/クイック・ジャパン77(Vol.77)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:ピエール瀧解雇 起訴、3日にも保釈の可能性 – 事件・事故 : 日刊スポーツ
参照:ピエール瀧被告「解雇」賠償金は芸能界史上最高の可能性も:スポニチアネックス
画像出典:Amazon/クイック・ジャパン77(Vol.77)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ