アメリカのトランプ大統領がG20大阪サミットに参加後韓国・板門店(パンムンジョム)を電撃訪問し、話題となりました。

北朝鮮の金正恩委員長と軍事境界線(DMZ) の上で握手をして、アメリカの大統領として初めて北朝鮮に入ったのです。

金正恩委員長と会談を行い、非核化に向けた実務者協議を再開することにも合意し、北朝鮮の非核化に向けた話し合いも再開するとのことです。

トランプ大統領は北朝鮮に足を踏み入れたことについて「非常に名誉なこと」と語り、金委員長も「新しい未来に向けたトランプ大統領の意思の表れ」と話しました。これまで停滞していた両国間の関係が再び改善していくのか、注目が集まっています。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ