ローマフランシスコ法王(82)がハプニングに見舞われました。

法王は9月1日、バチカンのサンピエトロ広場で開かれる「正午の祈り」に向かう途中、エレベーターに閉じ込められてしまいました。

原因は停電。ローマ法王は25分間、エレベーターの中にいたそうです。

法王は予定より7分遅れてサンピエトロ広場をのぞむ窓に登場し、集まった聴衆に手を振りました。
 

 


ネットの反応


・ローマ法王かわいそすぎる
・停電したんじゃしょうがない
・ローマ法王もエレベーターに乗って移動するのか
・神様も暇なのかなって思う
・災難ね
 

ViRATES編集人
ご無事で何より。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(BBC News Japan)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ