東京・千代田区の靖国神社のトイレで11月23日、爆発音がした事件で、現場近くの防犯カメラに写っていた不審な男が、韓国籍であることが分かった。
 

画像出典:Wikipedia/靖国神社

産経新聞の報道によると、爆発音と同じ時刻に現場周辺の防犯カメラには、袋を持った不審な男が写っていたという。NHKの報道によると、現場に残されていた乾電池にはハングルが書かれていたようだ。

警視庁は、男が宿泊したという千代田区のホテルを家宅捜索して、出入国記録などを詳細に調べた結果、男が事件直後の11月末に韓国に帰国していることが分かっている。公安部は、男と事件の関係を慎重に調べているという。

 
防犯カメラの不審者は韓国人 靖国神社の爆発音事件(15/12/03)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:産経ニュース/【靖国爆発】韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国
参照:テレ朝news/防犯カメラの不審者は韓国人 靖国神社の爆発音事件
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
画像出典:Wikipedia/靖国神社
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ