米航空宇宙局(NASA)の無人月探査機『ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)』が撮影した画像1万2000点以上を解析した調査結果が5月13日、発表された。

月は徐々に縮小しており、その結果、月面に『しわ』ができ、地震が起きたりしている。

調査で判明したことによると、北極近くに位置するクレーター『氷の海(マレ・フリゴリス、Mare Frigoris)』は移動しており、亀裂が発生しているという。

地球にはプレートがあるが、月にはなく代わりに45億年前から誕生してから冷却していることで起きる地殻活動が存在する。

これにより月に『しわ』ができ縮小している原因だそう。

宇宙は奥深い・・・

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:月は縮んでいる…NASA無人探査機撮影の画像で判明
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ