ほとんどの学生は、奨学金を学業のために使用するだろうが、なんと“豊胸”に費やした女性がいるというのだ!!

 

画像出典:Metro

イギリス・ロンドンに位置するイーストロンドン大学に通うキャサリン・バーニーさんは、給付された奨学金を授業料に使うのではなく、それを美容整形へとつぎ込んだのだ。

キャサリンが行った美容整形は豊胸手術で、手術費は日本円にしておよそ67万円ほど。

 

画像出典:Metro

豊胸手術を行ったのは22歳のときで、このときキャサリンさんは大学に入学してまだ1ヶ月という時期だった。

友人たちが授業や参考書などの購入について検討しているときも、ずっと整形手術についての計画を立てていたという。

しかし彼女は豊胸手術だけでは満足できなかったそうで、その後、顔と唇にボトックス注射も打っており、こちらは日本円にして10万円ほどの費用だったそうだ。

授業にも全く出席せず、当然のことながら留年となったが、キャサリンさんはどうやったのか教師陣を説得し、新たに130万円ほどの奨学金を獲得したという。

 

画像出典:Metro

新たに獲得した奨学金はさすがに整形手術には使用しなかったものの、その代わりに車や服の購入のために使用し、やはり大学には通っていないそうだ・・・。

現在キャサリンさんが借りている奨学金の総額は、300万円を超えていているが、彼女は25年後に免除になるだろうと楽観視し、その額を特に気にしていないという。

日本では考えられない豪快な借り方と使い方だ・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Metro/Shameless glamour model enrolled in uni just to get £14k student loan for plastic surgery
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ