土地の再開発と聞いて思いうかべるのは高層ビルの建設ではなかろうか。

イギリス・ロンドンのドッグ島でも近年再開発が進んでいるが、各計画の中でも一番の注目は2020年に完成予定の高層ビル『Spire London』だ。

67階建てになる予定のこの高層ビルはオフィスも住居スペースも入る、近未来型施設ということになるのだが・・・一つ懸念点があるという。

この『Spire London』の完成予定図を見た人間の多くが抱く懸念、それは建物を上空から見た場合のこの“形”についてだ。

 

画像出典:metro.co.uk

画像を見た瞬間、「あっ・・・」と声を上げそうになったあなた。そう、男性器の形に似ていることで話題になっているのである。

 

画像出典:metro.co.uk

ちなみに横から見るとこのような図になる。

高層ビルを上から眺める機会なんて滅多にないので、この種の心配は杞憂に終わりそうなものだ。が、『Spire London』は近くに空港があるので、発着陸する飛行機の乗客はこのビルを上空から眺めることができ、すぐにこのビルが“ペニス型”だということに気付かれてしまう。

すでにネット上では“The ペニス”、“アレ型”などの卑猥なニックネームが付けられ始めているという。

このビルを見て最初は何も思わなかった人間も、周りがこんな言い方をすると、もうアレにしか見えなくなる。今後はどう見方を変えようとしても、結局アレに見えてしまうのだ。

最初の印象というのものは恐ろしいものである。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:metro.co.uk/New London skyscraper looks like a massive penis and balls
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ