大手下着メーカー・トリンプの年間売り上げデータのカップ別推移を見ると、
 
2013年は日本女性の47.1%のバストがDカップ以上であることが判明した。
 
 
1980年は、Dカップ以上の割合が全体の4.5%であったというから、
 
その増加には目を見張るものがある。
 
 
この衝撃の結果にはネット上でも、様々な声が寄せられている。
 
 


 
 


 
 


 
 

 
 
また、同社が2014年11月に行った調査によると、Dカップ以上の女性の約5割が、「バストが大きくて困ったことがある」と回答しているという。
 
 
理由としては、肩こり、太って見える、運動時の揺れ、ファッションが楽しめない、など。
 
 
これを受けてトリンプでは、大きい胸を小さく見せるためのブラジャーも販売している。
 
 


 
 

 
 
女性からするとバストの大きさは、
 
大きい人にとっても、小さい人にとっても悩みのタネになっているのかもしれない。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:マイナビニュース/Dカップ以上の女性の5割が「バストが大きくて困ったことがある」と回答
参照:Triumphオフィシャルサイト
画像出典:童顔巨乳 by GodShine(flckr)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 
 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 
 

※本記事内のFlickr画像につきましては、著作権者の方が無料使用を許可しているものを、Flickrの画像埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 
 




この記事に関するまとめ