ちんちん。

 

この言葉を聞いてあなたは何を思い浮かべるだろうか?

とあるツイートで、方言「ちんちん」が気になる存在となってしまっている・・・。

 

ちんちん=友達!?

これはどうやら徳島県の方言のようだ。

うーん、意味合いとしてはわからなくもないぞ!

ほか、各地方の「ちんちん」の使われ方をまとめてみたので是非、ご覧いただきたい。

【ちんちんのエロくない使い方】

 

●東海地方・・・非常に熱い状態

例:風呂がちんちんだがや!

●滋賀、徳島、鳥取など・・・親密な間柄

例:やっぱ、あの2人は、ちんちんやろ

 

●群馬・・・自転車

例:ちんちんに乗る

●大阪・・・ケンケン

例:ちんちんもがもが(片足で飛び跳ねる遊び)

●富山・・・正座する

例:おちんちんかかんと、こっちでひろがらっしゃい

●鹿児島・・・だんだん、徐々に

例:ちんちん、ぬくなってきたなぁ

●イタリア・・・「乾杯」の掛け声

例:ちんちん!

●ナイジェリア・・・お菓子の名前

材料は小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、卵、バター、牛乳など。

●スポーツ界・・・完膚なきまでに打ちのめすこと

例:相手をちんちんにする

 

●犬・・・前足を上げる芸

例:ほれ、ちんちん!

 

などなど、他にも調べればたくさんある。

さあ、これから“ちんちん”に乗って、“ちんちん”にでも会いに行こうかな〜。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:Wikipedia/チンチン
参照:反復語が方言/ちんちん
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ