野球の試合での乱闘事件などはたまに見かけるが、それは野球に限った話ではない。

ボクシングの試合でも、いや「試合後」でも、殴り合いに発展してしまうこともあるのだ。
 

 
K.Oされた際のパンチがゴング後に放たれたことに怒って、選手のセコンドである叔父が審判と相手選手に猛抗議。

怒りを抑えきれずに、相手選手に強烈なフックをお見舞いしてしまったのだ。

見事に決まった左フックに関心してしまいそうだが、場外乱闘は許されることではない。

その闘志を胸にしまい、次の試合でリベンジしてもらいたいものだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(SEC SECO)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ