貞操帯の鍵を紛失してしまい、外すことができなくなってしまった女性が消防隊に助けを求めるという珍事が発生した。

 

画像出典:Metro

まるで何かの冗談にしか聞こえないような出来事だが、これは実際にイタリアのパドゥアという街にて、起こった出来事である。

当時、女性からの通報に応対したオペレーターによると、女性はただ「鍵をなくしてしまって困っている」とだけ伝えてきたそうで、消防隊は通報内容から鍵を壊すための器具だけを持ち、女性の自宅へと急行したそうだ。

しかし、現場に到着すると、女性の自宅には鍵などかかっておらず、不審に思った消防隊員が家の中にいた女性に理由を尋ねると、彼女はおもむろにスカートをたくし上げ貞操帯を見せ付けてきたという。

「鍵をなくしちゃってどうしようもなくなったの」と、現場にいた消防隊員たちは打ち明けられたそうで、消防隊員たちは困惑しつつも、工具を使って女性の貞操帯を破壊。女性は無事に貞操帯による拘束から解放された。

その後、警察がDVの疑いもあるということで、事件としての捜査も行ったが、女性が趣味でつけていただけであったというのが、捜査の結論となったそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Metro/Firefighters help woman break out of chastity belt
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ