アメリカで1年にわたりイルカと性交渉をおこなっていた男性がいると、イギリスのデイリー・ミラー紙に掲載された。

 

画像出典:TVNOVINY.SK

 

イルカの誘惑に負けて性交渉をおこなっていたのは、アメリカ・フロリダ州に住むマルコムさん。
 
 

現在63歳のマルコムさんは、自身がカメラマンとして仕事をしていた1971年に、テーマパークで雌イルカのドリーと出会った。
 
 

幾度かの触れ合いでドリーのほうから誘惑をしてきたと主張している。
 
 

「彼女(ドリー)が回転してお腹を上にして、私の手が彼女の性器に触れたとき、ピタリと動きを止めたんです。彼女が人間の女性だと思えば、ためらう理由なんてありませんでした」
 
 

その後、2人は雄イルカの目を盗んで、複数回にわたって性交渉をおこなったという。
 
 

イルカと人間の性交渉はほかにも報告事例があるが、いったいどのような方法でおこなうのだろうか??
 
 

ちなみに、フロリダ州で獣姦禁止法が成立したのは2011年であるため、マルコムさんの行為は法律的にはセーフということだ。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:TVNOVINY.SK/Sfilmovali reálny príbeh muža, ktorý prežil milostný vzťah s delfínom
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 




この記事に関するまとめ