ある男性が、自らの手で痔を切除しようと試みるも予想通り失敗・・・、病院に担ぎ込まれることになってしまった。

 

画像出典:Daily Star

中国・杭州(こうしゅう)市に住む54歳のこの男性は、かれこれ10年近く痔の痛みに悩まされており、ついに痛みに耐えかね、痔を切除する決心をしたそうだ。

男性が「手術」の道具として選んだのは、自宅にあった小さな剣のキーホルダーで、刃渡りはおよそ10cmほど。

彼はそれを自身の患部に向けて一気に差し込んだのだ!

 

画像出典:Daily Star

差し込んだは良いものの、剣は尻のなかでまったく動かなくなってしまった・・・。

どうしようもなくなった男性は救急車を要請。結果、彼は尻に剣が突き刺さった自身の姿をテレビ放映されることになってしまった。

後に事情を問われ「痔で病院に行くのが恥ずかしかったため、自分でなんとかしようと思った」と答えたという。

担ぎ込まれた病院の医師は、「このような症状で苦しまれている場合、素直に専門家の診察を受けてください」とコメントしている。

 

画像出典:Daily Star

なお、男性は剣が抜けなくなったあと、律儀に会社に「尻に剣が刺さって動けないので今日は休みます」という欠勤の電話を入れたという・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Daily Star/’I can’t come to work I’ve got a sword stuck in my bum’
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ