生涯の半分以上をパンティを描くことに費やした男がいる。

 

 


 

大きなキャンバスへ、女性の下着や腰回りの部分だけを一枚に描き続けた画家、ジョン・カセール氏。

抽象表現であった彼がこのスタイルで描くようになったのは、50代に差しかかる頃。

女性特有の腰やお尻のまるみ、下着の生地の質感も微細に描きつけられた作品は、思わずさわってみたいような、その感触まで伝わってくるかのよう。

画像出典:artnet

 

画像出典:artnet

 

画像出典:artnet

 

画像出典:artnet

 

画像出典:artnet

 

画像出典:artnet

 

 


 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:artnet/John Kacere Artworks
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ