4月23日に豊洲PITで行われた『DMM.R18アダルトアワード2017』。

これは2016年の売上ランキングと検索ランキングをもとに女優さんをノミネート(上記写真がノミネートされた女優さんたち)。

その中からWEB投票数、授賞式の会場投票数で各賞が決まるといったシステムだ。

 

(※目が半目でお見せできるような顔ではなかったので黒線を入れました)

期待と股間を膨らませ、ViRATESの変態長・・・いや編集長の私もこのイベントに行ってきたぞ。

会場には女優さんの顔や名前が入ったハッピを着ている人など、たくさんの熱狂的なファンが来場していた。

早速だが、この日のメイン・最優秀女優賞の結果を発表しよう。

ファンが選んだナンバーワン女優は・・・

 

三上悠亜さん! おめでとう!!!

見事1位を獲得した彼女の“スピーチ”、ほぼ全文をご紹介したい。

少々長いかもしれないが、三上さんが涙ながらに語った自身の“半生”を読んでいただきたい。

 

「今日まで応援、そして投票活動をしてくださったゆあーず(ファン)の皆さん、本当にありがとうございます! 私の人生の流れをちょっと話したいと思います。私は15歳の時にアイドルグループのオーディションを受けて、なんか合格してしまって、その時から5年間その活動を続けました。

よく“悠亜ちゃんはいいよね”って、そうやって思われてきました。でも私の人生の中でその5年間もすごく色々な経験をさせてもらう大切な時間だったので、そこで得てきたものをここで活かせないって思うのもすごく嫌で、そういうの使ってって思われるのもすごく嫌で。

私はそこで選抜にも入らなかったし、総選挙にもランクインしたことがありません。何事にも中途半端で問題児だったし、なんか何も私取り柄ないなって、ずっと思ってました。そんな自分がすごく嫌で、この業界に転身したときは『絶対何かで1位を取ってやる!』って、だから一生懸命にデビューしてから今日まで、すごく私的には・・・一生懸命に突っ走ってきたつもりです」

 

「DMMアダルトアワードも皆さんの力がないと取れない賞で、皆さんがいたから今日まで頑張ってこれたし、こんな私が1位になっていいのかなって思った時期もあったんですけど、みんながSNSとかで『もし1位が取れなくても、僕たち私たちの中では、悠亜ちゃんがナンバーワンだよ』って言ってくれて、それだけで私はこの業界に入って何かで1番になれたんだなって思いました。

この23歳まで生きてきて、今日がいっちばん幸せで、嬉しいです! こんな気持ちを味あわせてくれて皆さん本当にありがとうございます! 大好きです!」

 

三上さんの“元国民的アイドル”という肩書きでの葛藤、そして今日までの決意と努力がこの日の栄冠を勝ち取ったんだと思うと、私も思わず泣いてしまった。

このスピーチに会場からは大きな拍手が沸き起こり、しばし感動に包まれていた。

女優さんの生き様とファンの熱意が凄かった同イベント。スペシャルプレゼンター(当日までシークレット)では亀田興毅さん(30)が登壇するなど、大きな盛り上がりをみせていた。

 

その他各賞の結果は以下の通り。

優秀女優賞・明日花キララさん、最優秀新人賞・高橋しょう子さん、優秀新人賞・羽咲みはるさん、メディア賞・桃乃木かなさん、話題賞・凰かなめさん、スペシャルプレゼンター賞・椎名そらさん、特別賞・あべみかこさん。

ノミネート&受賞をされた女優の皆さん、おめでとうございます! これからもお世話になります!

 

関連:DMM.R18アダルトアワード2017公式サイト
(c) DMM.R18 ADULT AWARD 2017




この記事に関するまとめ