女性が下着を身に付け始めて数百年。

下着は常に進化し続けていた。

 

 

ここ100年の下着文化をまとめたこの動画を見れば、そんな下着の変化も一目瞭然。

傾向としては、女性が社会進出するにつれてどんどん下着は活動的なものになっていっているようだ。

 

■1925年。若い女性のあいだにステップインタイプのキャミソールが大流行

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1934年。一転パンツタイプのニッカーズが世の流行に

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1940年。この頃から下着の布面積が小さくなっていく。また一部の女性がフルバックを履きはじめた

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1950年。ガードルによって腰を極端に細く見せるスタイルが流行り始める

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1960年。ニルソン社製の下着が流行。ビキニ型やヒップハンガー型の下着などもこの時期に登場した

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1970年。初めてボディースーツとTバックが合体。伝説的なデザイナー、ルディ・ガーンライクの手によって作られた

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1980年。ハイレグ下着が流行り始める。女優ジェーン・フォンダの影響が大きい

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■1990年。大手ブランドがゴム部分にブランド名を記載し始める

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■2000年。ローライズジーンズの人気絶頂期。あわせてTバックの人気も上昇

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

■2016年。再びフルバックの下着が流行。Tバックの売り上げは減少しているという。

画像出典:YouTube(Glamour Magazine)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Glamour Magazine)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ