呼吸困難で緊急通報ダイヤル911へ助けを求めたものの、デブすぎてピンチに陥った男性がいるという!?
 
 
CBS New Yorkなどが報じたところによると、ニューヨークはマンハッタンのハミルトン・ハイツ在住の男性が、呼吸困難を感じて911へ電話をした。
 
 
到着した救急隊がいざ彼を運び出そうとしたものの、あまりに太りすぎていて部屋から出すだけで6時間もかかったというのだ・・・!?
 
 
彼の体重はなんと「700ポンド(およそ317kg)」!! しかも自力で歩くことができないというなんとも大変な状況だった。

 
 

画像出典:MailOnline

 
 
最初は窓を取り外しておろすことも検討されたものの、危険が伴うとされ最終的にはビルの吹き抜けを使い滑車とロープで下ろす方法が採用された。
 
 
結果、彼は無事におろされたものの、今度は救急車の車内へ運ぶために10人がかりで押し込んだという・・・。
 
 
同じマンションに住むマイケル・コーベット氏によると、「彼は善人です、しかし、彼は本当の病人です」とのこと。

 
 

画像出典:MailOnline

 
 

この騒動を受け、彼は1階に引っ越すことになったそうだ。

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:CBS New York/FDNY Needs 6 Hours To Lower 700-Pound Man From Hamilton Heights Apartment
参照・画像出典:MailOnline/Firefighters spend six hours moving ill 700-pound man from sixth-floor New York apartment
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 








この記事に関するまとめ