海上自衛隊のビッグイベント「観艦式」での自衛官の行動がすばらしいとTwitter上で話題になっている。

海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊によって、1年ごとに「観閲式」が行われている。海上自衛隊による「観艦式」が見られるのは3年に1度。それゆえ、乗艦券はプラチナチケットとなる。
 

今年の「観艦式」は10月12日に行われたが、多くの人であふれ返っていた。そんな中、1人の当選者がプラチナものの乗艦券を海に落としてしまったのだ!

自衛隊の護衛艦に実際に乗船するため、時間は決まっている。せっかくの乗艦のチャンスを逃してしまうのだろうか・・・。

そのとき、驚くべきことが起こった。

 

自衛官が海に入り、チケットを拾ってくれたというのだ。

これには周りも拍手喝采!
 

自衛隊の粋な計らいで事なきを得た。

それほど大きく報道はされていないようだが、自衛官、カッコよすぎる!

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:平成27年度自衛隊観艦式/観艦式とは
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ