ある14歳のロシア人少年が、アニメキャラが作中で死んだことにショックを受けて自殺してしまった。

 

画像出典:Daily Mail Online

レオニド・ヘメレブ君は、アニメ『NARUTO -ナルト-』の大ファンだったのだが、お気に入りのキャラクター「うちはイタチ」が作中で死亡したのが原因で、自殺したというのだ。

ヘメレヴ君は、SNSにて、イタチが死んだことで自身が酷くショックを受けたことを書き込み、また自殺を示唆するようなコメントを残していた。

その後、ヘメレブ君は家を出てそのまま帰宅しなかった。心配になった両親は、近所の人たちの力を借りつつ、ヘメレブ君の捜索を開始した。捜索が始まってから2日後、父親のイワンさんが、ヘメレブ君の変わり果てた姿を発見した。

ヘメレヴ君は、10階建てのマンションの屋上から飛び降りたと見られていて、警察によるとおそらく即死だったということだ。

イワンさんはヘメレヴ君について、「あの子は、ずっとテレビばかり見ていて、私はいつもテレビの見すぎを怒っていました。現実と空想の区別が、あいまいになっていたのです」と語った。

ロシアは、世界で3番目に10代の少年少女が自殺している国とされているが、このような原因は特殊ケースだろう。

 

画像出典:Amazon/NARUTO―ナルト― イタチ真伝 暗夜篇 (ジャンプジェイブックスDIGITAL)

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Daily Mail Online/Russian teen leaps from apartment block after seeing his favourite Japanese cartoon character die on television
画像出典:Amazon/NARUTO―ナルト― イタチ真伝 暗夜篇 (ジャンプジェイブックスDIGITAL)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ