雪の日にすってんころりん。

転ぶのを回避する歩き方を、フィンランド大使館がTwitterで教えてくれたぞ。
 


悪い例

歩くとき、体重を両足に分割して体を支えている。これで歩くと、氷に対して足が垂直ではないので、滑ってバランスを崩してしまう。
 

良い例

踏み出した片方の足に、すべての体重をかけて歩く。これはペンギン歩き。ペンギンになった気持ちで歩けば、雪の上でも上手に歩ける。
 

雪が降ったら、ペンギンで歩く! 覚えておこう。

 

関連:駐日フィンランド大使館Twitter

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ