ヒカキンさんや最近話題のヒカルさんなど、Youtuberは小・中高生を中心に大人気だ。

そんな中、やはりお子さんが「Youtubeばかり見て・・・」と嘆く親も多いかもしれない。

その声に対し、森哲平 (@moriteppei) さんのTwitterでの発言がいま注目を浴びている。

それがコチラだ。

 

 

 


まずはYoutube自体が問題ではなく、Youtube以上に面白いと思えるものがないのが問題だと。

なので、子どもにYoutubeを見るのをやめさせる方法は「Youtubeより面白い遊びを提供してあげればいい」という。

かといって、さまざまな家庭の形があるので親を責めるわけではない。

 

 

 


森さんが言うように、Youtubeを「ダメ」と決めつけるのではなく、Youtubeに興味があることを“プラス”に捉え、むしろYoutubeを活用するほうがいいのではないか。

「うちの子はyoutubeばかり見てます。どうにかしてください」という親は、一度この発想の転換をしてみてはいかがだろうか。

Youtubeに限らず、この考え方は応用できそうだ。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ