何度落ちても諦めず、必死に就職活動に挑み続けたイギリス人の男性が海外で話題になっている。

 

画像出典:Metro

リース・ジャコネリさんが落ちた企業の数はなんと200社。

「経験者のみ募集してるって返答してくれる会社はまだ良い方で、ひどいところだと応募しても完全に無視されたよ」とリースさんは語る。

だがそんな絶望的な戦いにも転機が訪れた。

 

画像出典:Metro

201回目の求人応募でついに内定をゲットしたのだ。リースさんによると職業訓練校に通った結果だという。

主に取り組んだのは電話オペレーターとしてのスキルアップで、内定をくれた会社もそこに注目してOKを出してくれたのだそうだ。

世界的に若者の就職難が問題視されているが、諦めずにトライし続けていれば開ける道もあるようだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Metro/Determined teen lands first job after being rejected more than 200 times
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ