アメリカは秋を過ぎるとハロウィンとは違ったにぎやかさがやってくる。クリスマスと年末のカウントダウンだ。

国全体が様々な光で包まれ、人々が楽しくはしゃぐイベントの満載の冬は、アメリカ人にとっては寒くとも最も楽しい季節かもしれない。

・・・しかし、ネオンの裏には必ず影でひっそり暮らす人々がいる。

2008年のリーマンショック以降、アメリカのホームレスは急増したが、ロサンゼルスには今も4万4000人ものホームレスがいるという。その多くはロサンゼルスリバーの河川敷で生活しているそうだが・・・今回はそんな、アメリカの富の裏で生きる貧困層・ホームレスたちの様子をご紹介したい。

 

画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

 
画像出典:thesun.co.uk

まるで映画のセットのようだが、これは現実。カルフォルニア州は巨額予算を用意してホームレス対策に急ぐというが、果たしてどうなることやら・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:thesun.co.uk/THE DARKER SIDE OF TINSELTOWN Incredible photos capture the homeless Americans living in the shadow of Hollywood’s world famous sign
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ