スペインといえば、お昼寝の国だ。

個々人で仮眠を取るという人は、どの国においても一定数存在する。

だが、同国では“シエスタ”という形で国民的慣習となっているのは有名だ。

そんなスペインで先日『お昼寝BAR』というものがオープンした。

画像出典:写真AC

その名も『Siesta & Go』という店舗が居を構えたのは、スペインの首都マドリード。

店内には19台のベッドが設置されており、料金は1時間約1500円(12ユーロ)から約1800円(14ユーロ)であるそうだ。

利用は事前予約のほか、“駆け込み”でも空きがあれば大丈夫とのこと。

また、社会人にとっては一大事な寝過ごしの対策も実施済。

なんでも、利用時間が終了したら店員が利用者に対して、声かけしてくれるそうなのだ。

こんな店、日本でも営業してほしい・・・。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Metro/Spain’s first nap bar opens in Madrid
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ