「イレブンスリー」と呼ばれるバイクなどの集団暴走が、もはや警察も止められない事態となっているようだ。

「イレブンスリー」とは、毎年11月2日夕方から11月3日の明朝にかけて行われる集会である。今年も大阪府岸和田市の国道26号線沿いで、「イレブンスリー」集団暴走が行われた。

そこで、警察官と暴走族との間で揉め事が発生したが、その時の映像がこちら。

 

 

警察官が「お前らいい加減にせえよ!」と叫ぶものの、大勢の集団に取り囲まれ、もみくちゃになっている様子が映っている。

大阪府警はこの日、約220人態勢で取り締まりを実行しており、少年ら14人を道路交通法違反の疑いなどで検挙した。

11月3日は祝日でもあるため、この「イレブンスリー」集団暴走を一目見ようと、多くの見物人が押し寄せていたようだが、周辺住民からは苦情が殺到しているという。

 

 

「イレブンスリー」集団暴走の様子は、ネット上などで拡散されている。さらには、Twitterでは鉄パイプで殴っていると見られる様子も報告されている。
 

 

大阪府警は、信号無視といった違反をした他の人物についても調べる方針だという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(バス釣り関西BASE・Sugimotors)
参照:日テレNEWS24/集団暴走イレブンスリー 少年ら14人検挙
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ