ヤマト運輸株式会社がクロネコメール便を廃止することを決定した。
 
 

2015年3月31日の受け付け分をもって、クロネコメール便は終了する。

 
 


画像出典:ヤマト運輸

 

理由は、クロネコメール便の利用者が知らないうちに信書(手紙)を送ってしまうことを防ぐためとしている。
 
 

信書は郵便で送ることは許されても、メール便で送ると罪に問われる可能性がある。

 
 

だが「信書」の定義が明確ではなく、同社によると管轄する総務省に問い合わせて、その書類が信書なのか即答できない事例が多発。
 
 

政府も専門委員会を設置して、何度も議論がなされたというが、規制の見直しは見送られた。
 
 

利用者にとっての「安全で安心なサービスの利用環境」と「利便性」を、同社の努力だけで両立させることが困難という判断にいたった。

 
 
4月1日からは「非信書」であることを事前確認することで「クロネコDM便」と名前を変えて、サービスを継続する。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:ヤマト運輸
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ